お知らせ

いざ、葬儀が発生した場合には、喪主を務める方にとって一番心配な事としまして「喪主挨拶」があるかと思います。
大変と思われる挨拶をできるだけ分かり易くご説明いたします。
※挨拶は、謝辞(しゃじ)とも言います。

目的

まず、挨拶の目的からご説明いたします。
これは皆様がご存知のように「葬儀に参列される方に対しての感謝の言葉」となります。
では、誰に対して挨拶が必要になるかと申しますと、
葬儀に関係する全ての方(ご親戚・ご近所・宗教者・お手伝い・他参列者)となります。
何か大変そうな感じになってしまいますが、ご安心してください。

タイミング

一連の儀式の中では様々なケースで挨拶が必要となります。
できましたら最初と最後に挨拶されることが望ましいですが、慌ただしい儀式の中では難しいと思います。
できる範囲で結構ですので、お客様のお顔を見たら御挨拶をしましょう。

〇 通夜式
→ 受付などのお手伝い様に「よろしくお願いいたします」「ありがとうございました」
→ ご弔問の方に「ありがとうございます」
→ 宗教者の方に「よろしくお願いいたします」「ありがとうございました」
→ 通夜式で『 喪主挨拶 』
→ 通夜後の食事の席で「故人の思い出のお話をお聞かせください」など

〇 葬儀・告別式
→ 受付などのお手伝い様に「よろしくお願いいたします」「ありがとうございました」
→ ご参列の方に「ありがとうございます」
→ 宗教者の方に「よろしくお願いいたします」「ありがとうございました」
→ 葬儀式で『 喪主挨拶 』
→ 出棺で「最後までお見送りありがとうございました」

〇 初七日法要
→ 宗教者の方に「後日あらためて御挨拶にお伺いいたします」など
→ 初七日法要後の食事の席で「お陰様でとどこおりなく終わりまして、ありがとうございました」など

〇 葬儀後の数日
→ 宗教者への挨拶
→ ご近所への挨拶
→ ご親戚への挨拶
→ 会社などへの挨拶
※菓子折りなどを一緒にご持参すると良いかと思います。

通夜式での喪主挨拶

通夜での御挨拶は、葬儀に比べて簡単で良いかと思います。
〇 ポイント
→ ご弔問をいただいたことへの感謝。「本日は‥」
→ 生前の故人への感謝。「生前は‥」
→ 遺族に変わらぬお付合いのお願い。「今後も‥」
→ 丁寧に感謝。「ありがとう‥」

(一例)
本日はお忙しい中/お足元の悪い中を、父〇〇のお通夜にご弔問いただきまして誠にありがとうございます。
生前はひとかたならぬご厚情(こうじょう)をいただきました事を故人に変わりまして厚くお礼申し上げます。
また今後もわたくし共遺族一同に変わらぬご厚情ご指導をたまわりますよう、よろしくお願い申し上げます。
簡単ではございますがお礼のご挨拶とさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。

葬儀式での喪主挨拶

通夜の御挨拶と同じでも良いかと思いますが、少し故人の事を話していただくとなお良いかと思います。
〇 ポイント
→ ご弔問をいただいたことへの感謝「本日は‥」
→ 生前の故人への感謝「生前は‥」
→ 故人のお話し
→ 遺族に変わらぬお付合いのお願い「今後も‥」
→ 丁寧に感謝「ありがとう‥」
(一例)
本日はお忙しい中/お足元の悪い中を、父〇〇の葬儀にご参列いただきまして誠にありがとうございます。
生前はひとかたならぬご厚情をいただきました事を故人に変わりまして厚くお礼申し上げます。
少し父のお話しをいたしますと、仕事一筋の人間で、頑固なところがあり、若い頃にはよく喧嘩をしていました。そんな父が、孫ができてからというものはすごく優しくなり笑顔が増えていたかと思います。最期は幸せな人生だったのではと思います。
今後は残された母とともに頑張っていこうと思いますので、わたくし共遺族一同にも変わらぬご厚情ご指導をたまわりますようお願い申し上げます。
簡単ではございますがお礼のご挨拶とさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。

まとめ

〇 ひな形などの原稿を見ながら御挨拶しましょう。
→ 慣れない葬儀での御挨拶ではほとんどの方がメモを見ながら挨拶をされます。
〇 慌ただしい葬儀の中でのミスは不義理にはなりません。
→ 仮に御挨拶ができない場合であってもご容赦いただけます。後日にあらためて御挨拶に伺いましょう。
〇 司会進行や葬儀担当者からご説明がございます。
→ どこで挨拶に行ったらよいか不安になりますが、担当者などからご説明いただけます。

「喪主」と言われると大変な重圧になってしまうと思いますが、誰もが経験の少ないことですので気負わずに頑張りましょう。
また、周りのご兄弟の方やご親戚の方もできる部分はサポートしましょう。

喪主挨拶以外にも様々なご相談を無料にて承っております。下記までお気軽にお問合せください。
スズキ葬祭 TEL:0533-56-7249

☆豆知識☆
受付で御香典を頂いた場合には、「ありがとうございます」とは言わずに「恐れ入ります」が良いでしょう。