葬儀のマナー・挨拶

葬儀の際のマナーや挨拶について

ご焼香は参列される方にとって心配な点と思います。
宗旨宗派によって様々な焼香の作法があり、この事が分かりにくい原因と思います。焼香はご葬家に合わせずに”ご本人”の宗派作法で結構でございます。

各宗旨宗派の作法

※一般例としてご説明いたします。詳しくは菩提寺・檀那寺にご確認しましょう。
※お香は右手3本の指(親指・人差し指・中指)で持ちましょう。左手はお香がこぼれないように右手の下に添えると丁寧です。

真宗大谷派(東本願寺)】

・焼香回数=2回 ・額に頂かない

浄土真宗本願寺派(西本願寺)

・焼香回数=1回 ・額に頂かない

浄土宗

・焼香回数=1~3回 ・額に頂く

曹洞宗

・焼香回数=1回または2回 ・額に頂く

臨済宗

・焼香回数=1回 ・額に頂かない、または額に頂く

日蓮宗

・焼香回数=1回または3回 ・額に頂く

真言宗

・焼香回数=3回 ・額に頂く

友人葬(創価学会)

・焼香回数=3回 ・額に頂く

焼香の流れ

  1. 一礼(親族)
  2. 一礼(御本尊・御遺影)
  3. 焼香
  4. 合掌(数珠)
  5. 一礼(御本尊・御遺影)
  6. 一礼(親族)

※焼香は”一礼”の多い作法です。あまりに一礼が多い所作は丁寧ですが、時間がかかってしまう場合がございます。”僧侶に一礼・親族に一礼・一般参列者に一礼”の場合には各位様の間で一礼で割愛されてはいかがでしょうか。

表書きのマナー

仏事の「表書き」について、悩まれることがあるかと思います。
地域によって同じ意味であっても様々な書き方がございますので一般的な考え方としてご参考にしてください。

仏事の表書き

  • 御香典(御香奠)
  • 御玉串料(御榊料)
  • 御花料

※香典の表書きでは、考え方としては”何を”お供えするかによります。
仏式=仏教では、お香をお供えするので御香奠(奠=供)となります
神式=神道では、玉串(榊)をお供えするので御玉串料となります
キリスト教式=キリスト教では、お花をお供えするので御花料となります

  • 御霊前
  • 御仏前

※御仏前・御霊前につきましては、誰に対してお供えするかになります。
一般的には、ご遺体がある状態では”霊”となりますので御霊前となります。
火葬が終わり、お骨の状態では”仏”の状態となりますので御仏前となります。
故に、葬儀では宗教問わずに「御霊前」は一般的に無難な表書きとなります。

宗教者への表書き

  • 御布施…住職への御礼
  • 御礼(御祭祀料)…宮司への御礼
  • 御礼(献金)…神父・牧師への御礼

※封筒については、売っていない場合であったり、金額が多くて入らない場合がございます。その場合には、半紙で紙幣を包み表に「御布施/○○家」と筆で書いてお持ちするのがよいかと思います。

御淋見舞

※この地方の風習で御通夜に現金または品物でお供えします

挨拶のマナー(お悔やみ)

お悔やみの挨拶をご紹介いたします。

姿勢

哀悼のまごころをこめて敬けん・厳粛な態度で簡潔に述べるようにしましょう

注意点

「重ね重ね」「またまた」「かえすがえす」「重ねて」「再び」「再三」など、繰り返す言葉は避けましょう

一般的なお悔やみ

弔問客

このたびは誠にご愁傷さまでございます。さぞお力落としのことでございましょう。謹んでお悔やみ申し上げます。形ばかりでございますが、どうぞご霊前にお供えください。(香典を差し出す場合)

遺族

お忙しい中をご丁寧にお悔やみくださいまして恐れ入ります
※香典を差し出されたら「ありがとうございます」とは言わずに「恐れ入ります」といって受け取ります。

長い病気の末に亡くなった場合

お悪いとは存じ上げておりましたが、こんなことになろうとは…。本当に残念なことでございました。皆様もさぞお力落としでいらっしゃいましょう。お見舞いにもあがれず、申し訳ございませんでした。

突然に亡くなった場合

突然のことでたいへん驚きました。なんと申し上げてよろしいやら…。私ども、まだ信じられない気持ちです。お宅の方はどんなにお力落としでいらっしゃいましょう。

知人の子息が亡くなった場合

このたび、ご子息がお亡くなりになられましたこと、心からお悔やみ申し上げます。これからという時でございましたのに、さぞかしお悲しみとは思いますが、ひとつお気持ちを丈夫に持たれて、お気落としのないようにお願いいたします。お役には立ちませんでしょうけれど、ご用がございましたら、なんなりと申しつけてください。

友人・同僚が亡くなった場合

お知らせを受けて、とり急いでまいりました。なんと申し上げてよいのか…。まだこれからというときですのに…。あまりお役には立ちませんでしょうが、ご用がございましたら、なんなりとお手伝いさせてくださいませ。

職場の上役が亡くなった場合

部長にいつもお世話になっておりました○○課の○○です。このたびは、本当にとんだことになりまして…。私のような者にまでいつもお目をかけてくださいまして…。本当にお世話になりました。

恩人が亡くなった場合

このたびのご不幸に対し、心からお悔やみ申し上げます。私といたしましても、お世話になったにもかかわらず、ご恩返しのひとつもできず、心残りでなりません。さぞかしお気をお落としでございましょう。お察し申し上げます。

遺族側の挨拶

ご丁重なるお見舞いありがとうございます。まことに突然のことで、私どもといたしましても、このうえない悲しみでございます。かような心からのお言葉をいただき、お礼の言葉もございません。生前は本当にお世話になりました。本人に立ち代わりまして、心から感謝申し上げる次第でございます。

挨拶のマナー(喪主挨拶)

主としての挨拶は緊張されると思いますので、メモを見ながらで結構ですのでポイントをおさえながら簡易丁重に行いましょう。

お通夜(一般)

本日はお忙しい中を○○の通夜にご弔問たまわりまして誠にありがとうございます。生前はひとかたならぬご厚情をいただきましたことを故人に代わりまして厚く御礼申し上げます。なお、葬儀は明日○時より執り行います。大勢のの皆様方にお見送りしていただければ故人もさぞかし喜んでくれるものと思います。簡単ではございますが、お礼のご挨拶とさせていただきます。本日はありがとうございました。

ポイント

○ご弔問の御礼
・(故人の逝去に至るまでの状況報告)
・(故人の想い出)
○故人生前の御礼
○葬儀ご会葬のお願い
○「ありがとうございました」の感謝の言葉で結ぶ

お通夜 / 通夜振舞(親族)

本夕は、お忙しい中をお越しくださいまして誠に恐れ入ります。故人もさぞかし、皆さまのご厚情に感謝いたしていることと存じます。つきましては、供養のために心ばかりのものを用意いたしましたので、どうぞ召し上がってくださいませ。

通夜の終了

皆さまのお志しをじゅうぶんにいただきまして、故人もさぞかし喜んでいることでございましょう。明日のお勤めにさわりましては、と存じますので、この上のお通夜は結構でございます。どうぞ、ご自由にお引き取りくださいますように。

葬儀・告別式

本日はお忙しい中を○○の葬儀に、ご会葬をたまわりまして誠にありがとうございます。こうして多くの皆様方のご会葬をうけることができまして故人もさぞかし喜んでいることと存じます。生前にたまわりましたご厚情に深く感謝申し上げますとともに、今後私ども遺族一同に変わらぬご厚情・ご指導をたまわりますようお願い申し上げます。簡単ではございますが御礼のご挨拶とさせていただきます。本日のご会葬、誠にありがとうございました。

ポイント

○ご会葬の御礼
・(故人の逝去に至るまでの状況報告)
・(故人の想い出)
○故人生前の御礼
○遺族への厚誼のお願い
○「ありがとうございました」の感謝の言葉で結ぶ

法事

 ※亡父/49日忌法要
本日はご多用中をお運びくださり、誠にありがとうございました。早いもので父が亡くなりましてから、四十九日になりました。亡き父を送りました節はいろいろとお世話いただき厚く御礼申し上げます。本日は、心ばかりの法要を営ませていただきました。何もございませんが、故人の思い出話などをお聞かせいただければ幸せに存じます。どうかごゆっくりおくつろぎください。

ポイント

○ご参列の御礼
○故人生前の御礼(葬儀など)
○思い出話の懇談のお願い